RSSはこちら

カレカノLOVE=人生を変えるブログ 無料 モテ方 出会い方 恋人 彼女の作り方 モテる レクチャー ノウハウ

モテる自分になって人生を変える!出会う方法・ノウハウまで、彼氏・彼女の作り方を本気でレクチャーするブログです。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2014⁄12⁄11(Thu)
  • 08:00

モテる人は人懐っこい モテる方法 彼女 彼氏 の作り方

モテる人は人懐っこい モテ方 モテる方法 彼女の作り方 彼氏の作り方

モテない人が「モテる人」をイメージする時、つい顔や体型に目が行ってしまいがちですが、本当にモテる人の本当のスキルは「人懐っこい」ということ。

「コミュニケーション能力が高い」と言いたいところですが、それともまた少し違います。もちろん最低限相手に不快感を与えないイメージ作りや軽く会話が出来る程度のコミュニケーション能力は必要ですが、「人懐っこい」というのはすぐ他人の懐に入っていける「愛嬌」でしょう。それは男でも女でも同じです。

ふとしたキッカケで誰か他人と話が出来る瞬間が出来た時に、すぐさま笑顔で挨拶をして例えば「天気」の話が出来る。さも相手に興味があるように、聞き上手に質問を繰り返す。会話の合間に上手に自分のことを話す。話を盛り上げる相槌の上手さ。

そういった話術と全身から醸し出す「人懐っこさ」がモテる人の特徴です。

天性の才能という人がほとんどでしょうから、「誰でもすぐに簡単に」という訳にはいきませんが、本当にモテたいと思うのであれば「すべての他人に対して男女の区別なく興味を持つ」ということを心がけて下さい。

その「人懐っこさ」「人懐っこい雰囲気」は、モテるだけでなく仕事や日常の人間関係にも良い影響を与えるでしょう。

↓ブログランキングに参加中です。クリックをお願い致します。
スポンサーサイト
category
人の心理を知る
  • 2014⁄06⁄23(Mon)
  • 02:23

話をよく聞き、表情を読み相手の気持ちを知ろう

話をよく聞き、表情を読み相手の気持ちを知ろう

老若男女問わず、人と仲良くなるために最も必要なのはコミュニケーションです。そして、コミュニケーションとは理解し理解してもらうこと。まずは相手の話や気持ちを理解できなくては正しく成り立ちません。

当たり前ですが、「話を聞いていない」というのはタブーです。相手の話をちゃんと聞き、理解し、「なるほど」「うん」「そうなんだ」と適切な相槌を打ちましょう。タイミングの良い相槌は相手を饒舌にします。

次に適切なタイミングで自分の話をしましょう。相手の話が一段落するまで極力割り込んではいけません。大勢で会話する場合にはより面白い、テーマに合った話ならばどんどん割り込んでも構いませんが、一対一の場合には順番に話を聞き合うことが大切です。自分の話ばかりを畳み掛けてはいけません。

そして、自分が話す時には相手の目の動きや表情をしっかり見て心の動きを想像しましょう。相手が乗っていないなら、話題を変えたり、楽しそうなら同じ話を続けたり、心の機微や雰囲気をシッカリ読んで話の流れを組み立てます。

話下手な相手の場合には、どんどん自分の話をしましょう。人は他人の話を聞いていると自分も話たくなるものです。そして、相手が話し始めたらしっかり相槌を打って会話を盛り上げましょう。

会話、コミュニケーションには「分かりやすさ」も重要です。相手の知らないことを話すのは、興味を持ってもらうために非常に効果的ですが、専門用語や専門的な話ばかりだと話に着いて行けずに気分を害してしまうかもしれません。

分かりやすく噛み砕いて、身近なものに例えたりして、相手の興味を惹くような内容を盛り込むことが大切です。

何事も慣れです。まずは様々なタイプの人と積極的にコミュニケーションを取って、「人を楽しませる会話」を意識して磨きましょう。

女性に対してはアクセサリーや髪型、服装を褒めたり、趣味を聞いて興味を持つなど、まずは相手に興味を持つこと。嫌われると相手を嫌いになるように、興味を持てば自分にも興味を持ってもらえるかもしれません。まずは好奇心旺盛に、「色々なことが知りたい」という無邪気な気持ちで人と接すると良いでしょう。

そうして様々な人とコミュニケーションを取るうちに、自分の魅力が磨かれることでしょう。

↓ブログランキングに参加中です。クリックをお願い致します。
category
人の心理を知る
  • 2014⁄05⁄12(Mon)
  • 23:45

好意のある相手の目は真っ直ぐ見つめる

好意のある相手の目は真っ直ぐ見つめる

「好意」は、最終的にしっかり「言葉」で伝えなくてはいけません。しかし、それが難しい友人などの距離感や立ち位置、初対面や出会って間もない相手には「相手の目を真っ直ぐ見つめる」というのが、効果的な好意の表現方法の一つです。

そして、どんな状況であれ目をそらさずにしばらく見つめ合えたなら、相手もあなたに対して好意を抱いているかも知れません。「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、気持ちというのは「目」に出やすいのです。「恥ずかしくて目を逸らす」なんていう場合もありますので、どんな場合でも思い込みは禁物ですが。

海外のバーでのナンパでは、「目を見つめ合うことが合図」なんて話もあったりします。それだけ「見つめ合う」ということは人間の心理として強いメッセージ性を持つものなのです。

何であれ、「相手の目を見る」というのは非常に大切です。「その話に興味がある」「ちゃんと話を聞いている」「君に興味がある」「真摯に向き合っている」など、「真っ直ぐ見る」という行為はポジティブな印象を与えられます。

相手の心理を知るための基本は、「自分がされたらどう思うか」ということを考えられる想像力。興味はなくとも好印象を持っている異性にジッと見つめられたら、悪い気はしないでしょう。「もしかしたら自分に気があるかも?」なんてことを考えるかも知れません。その逆をすれば良いだけです。

もちろん基本として「好印象・好感を持たれている」というのは必須です。「既知の友人」と「初対面」でも違ってきます。そういった好印象の獲得方法や印象操作をするには、今までの記事や今後更新される記事を参考にしてください。

↓ブログランキングに参加中です。クリックをお願い致します。
category
人の心理を知る
  • 2014⁄05⁄02(Fri)
  • 19:10

マインドコントロールの手法を恋愛に取り入れる

マインドコントロールの手法を恋愛に取り入れる

「マインドコントロール」と一言で言ってしまうと、「新興宗教」や「洗脳」のようなイメージをお感じになる方も多いかと思います。しかし、「マインドコントロール」というは心理学的なテクニックの一つに過ぎません。むしろ皆さんも日常的に自然とマインドコントロールを利用したり、それを利用した会話や広告などと接しているのです。

「恋の駆け引き」なんていうのも、心理学的に言えば相手に対してマインドコントロールを試みている訳です。そんな日常に溢れる心理的なやりとりを学術的にまとめたものの一つが「マインドコントロールの手法」だと理解して下さい。

その学術的に研究された「マインドコントロールの手法」を知り、意識的に応用することで、恋愛だけでなく仕事や人間関係でも「目的へ他人を誘導できる確率」を跳ね上げることが出来るようになります。ただし、手品と同じく「タネが分かっても自分では出来ない」では困りますので、ここではマインドコントロールの基礎から、応用方法までをお教えしたいと考えています。

ぜひ「怖いもの」だと敬遠せずに、「人間関係を良好に保つテクニック」として学んでいただければと思います。ただし、他人を騙したり、不幸にするような悪用は厳禁です。

では、そのマインドコントロールと人間の心理について語りたいと思います。

●返報性

人は他人から何かを受け取った場合、それを相手に返さなくてはならないという心理を抱きます。贈答品を貰った時などに「お返しをしなくては」と思うようなことです。自分を嫌っている相手の表情や言動で相手を嫌いになることもあるでしょう。つまり、相手に何か(物品・感情)与えると似たものが返報されるのです。

もちろんベースとなる心理状態にもよりますが、怒れば相手も怒りますし、笑えば相手も笑います。好意をハッキリと意思表示できたならば、相手も少なからず好意を抱いてくれるのです。もちろん、その時点での評価や見た目で効果は増減しますが。

一定の好感度と友好関係を構築できたなら、相手への好意は上手に表現し、誕生日にはプレゼントをするなど、言葉・行動・表情で好意を表現しましょう。それはあなたへの好意となって返ってきます。

ちなみに好意・敵意だけでなく、「譲歩」というのも返報性があります。「付き合って下さい」と言ってダメな場合「ならせめて友達になってもらえませんか?」と譲歩することによって、相手へ譲歩を促すことが出来ます。

「相手に対して行なうことは返ってくる」と覚えておけば良いでしょう。いつも笑顔で優しく真摯に他人に接すれば、多くの人から好印象を得ることが出来ます。

●ローボール

ビジネスでは一般的な心理テクニックの一つです。まず「資料だけでも読んで下さい」「お電話でお話させて下さい」「一度会ってお話を聞いてもらえませんか?」なんて感じで、初めに低いハードルで相手と繋がりを持ち徐々にそのハードルを上げていき契約を取り付けるという手法です。

恋愛に置き換えるならいきなり見ず知らずの相手に「付き合って下さい」というのはハードルが高すぎます。まずは挨拶から。何度も顔を合わせ挨拶を交わし、会話をし、そして食事に誘うくらいが良いでしょう。

「付き合って下さい」と言う前に「友達になりませんか?」という簡単にOKが貰えそうなものから徐々にハードルを上げていく訳です。

道端でナンパをする場合にも、「ちょっといいですか?」のように「短時間で少し会話をするだけ」という低いハードルで声をかけているのです。どれだけ低いハードルを用意できるか、どれほどスムーズにハードルを上げていけるかは、個人のセンスですが、「導入は低いハードルで」ということは覚えておきましょう。

●権威性

人はとかく権威に弱いものです。「有名企業に努めている」「高いポジションに就いている」「高価なブランド品を身につけている」「有名人と友人関係である」などなど、現実的にはただの記号に過ぎませんが、人はそういった「ラベル」を信用の基準にします。

逆にそういった「権威性」を毛嫌いする人もおりますが、それでも何らかの「ラベル」には魅力を感じているものです。自分自身にこれといった権威性を持たない場合には、「高価な腕時計」「料理上手という評判」など「権威性」とは若干ズレますが、独自に好印象を与える「ラベル」を作ることは可能です。

●希少性

説明するまでもありませんが、人間はとかく「レア」に弱いものです。宝石が高価なのは、その美しさよりも希少性のためです。そこら中に溢れかえっていたら、そこまで高価な値段は付きません。

さらに不動産の契約で「他でも希望があるので、今契約してくれないと取られてしまいます」なんていうのも「今しか手に入らない」という希少性を生み出して、心理を刺激している訳です。

希少な物や体験は非常に好印象を与えます。恋愛で言うならデートで「相手が行ったことのない場所」を選びましょう。それが「希少な体験」になるのです。そこで「他の人とは違う」と思ってもらえたなら、あなたへの興味は膨らむことでしょう。

「美術館」「博物館」「穴場スポット」「テーマパークレストラン」など自分の趣味に合いそうな、そして相手が行ったことのないような場所をリサーチし、そこで楽しい時間を共有しましょう。

「君じゃなきゃダメなんだ」という口説き文句も、実はこの希少性の心理テクニックだったりします。

●コミットメントの一貫性

人間は自分の行動や発言に一貫性持つ強迫観念を持っています。一度始めたことは、余程嫌なことがない限り続けてしまいます。一度言い切ってしまった意見を変えるのも難しいものです。「コミットメントの一貫性」というのはその心理を利用したテクニックです。

恋愛でいうなら、友達として側に居続けて「ここまで一緒にいるんだから、付き合ってみようかな」というような心理状態。「一緒に居続けた」から「このまま一緒に居よう」「そのためには付き合おう」となる訳です。

●知覚のコントラスト

残酷な戦争の映画を見終わった後に街を歩くと「何て日本は平和なんだろう」と思ったことはありませんか?普段はそんなことを意識しないのに。それが「知覚のコントラスト」というものです。

よく言う「ギャップ」と似たようなものだとお考え下さい。その差があればあるほど「知覚のコントラスト」は効果を発揮します。「強面なのに優しい」「遊び人だと思ってたけど一途」などなど、様々な「ギャップ」「コントラスト」で相手に強烈な心理イメージを与えることが出来るのです。

これは、ネガティブに作用することもあります。「優しそうな人なのに粗暴だった」なんて状況では、好感度を著しく下げてしまいます。良くも悪くも心理的な印象にブーストがかかると思っていただければ概ね間違いありません。

これを恋愛に応用するのであれば、自分が人に与えるイメージを知り、それとは逆の且つ好印象の「何か」を身に付け、表現すれば良いのです。手品や料理など趣味的なものが良いでしょう。女性誌を読んで「オタクなのにブランドに詳しい」なんていうのも良いかも知れません。

無理に何かを好きになる必要はありませんが、自分のイメージに無い興味が湧きそうなものを見つけて学んでみると良いでしょう。または、「普段とは違う自分を演出する」というのも効果的です。

もし好きな人と映画を見に行く場合には、その後のデートが幸せに感じられるような「不幸な結末の映画」が良いコントラスト生むかもしれません。

●伝聞の信頼性

本人が「自分は優しい人です」と言うのと、その友人が「彼・彼女は暴力的な人だ」と言った場合、人はどちらを信じるでしょうか?もし本人が言っていることの方が正しくとも、人は周りの評価を鵜呑みにするものです。つまり「本人の証言よりも、他者の証言の方が信じやすい」ということ。

これを恋愛や人間関係に置き換えるならば、好きな人やターゲットとなる相手本人よりも、その周りの人間に高評価を得ることが非常に重要です。状況によっては、周囲の人間の後押しも得られるかも知れません。

「将を射んと欲すれば先ず馬を射よ」という言葉もあります。まずは好きな人の周りから好印象を得ることを目指しましょう。

●体験の共有と団結感

よく言われる「吊り橋効果」ですが、あれはほぼ意味がありません。ホラー映画を一緒に見たからといって、そのドキドキ感から恋愛に発展するなんていうことは皆無です。

大事なのは「体験を共有する」ということ。「怖い思い」でなくても良いのです。素晴らしい景色を見たり、楽しい時間を過ごすなど、「いい体験」を共有することによって心理的な絆が深まり、心の距離を近づけることが出来るのです。

「一緒に海を見る」たったそれだけで、人は一緒にいる人に対して「仲間感」を抱きます。そういう体験を積み重ねることでより絆を深めることが出来るでしょう。

とにかくどんな形であれ長く時間を共有することが大切です。

●情報の置き換え

「昔の彼女の悪口を言う」「誰かを悪く言う」というのは、敵を作って団結を深める時には有効かも知れませんが、想像力のある相手の場合には逆効果になりがちです。つまり「誰かの悪口を言うということは、自分のことも他で悪く言っている可能性がある」と考えるのです。

ですので、他人を悪く言うことは極力控えましょう。他人を貶める発言は、同時に自分のことも貶めてしまうのです。

●総括

上記の心理、マインドコントロール、心理学的なテクニックはほんの一部です。恋愛に限らず人と接する限り、これらの情報は非常に有意義なものです。自然と学び、実践している人も多いですが、それが出来ない方は理論として学び応用することを目指しましょう。

人の心というものは複雑ですが、それなりに「法則」というものが存在します。その法則を学び有効利用することで、恋愛や仕事などすべての人間関係が円滑に回るようになります。今後の記事でもまた「人の心理」について書いていきたいと思います。

↓ブログランキングに参加中です。クリックをお願い致します。
category
人の心理を知る

楽天市場

最新コメント

自作パソコン

パソコンの匠 自作パソコン 改造 パーツ ボカロ ガジェット

BTOパソコン通販

広告バナー

クレジットカード

出会い系SNS

出会い系SNS ワクワクメール

検索フォーム

広告バナー

モバイルwifi

人気ブログランキング

「カレカノLOVE」について

正直に申し上げまして、このブログはアフィリエイト広告、ドロップシッピング、クリック広告などでお金を稼ぐことを目標としております。いわゆる「アフィリエイトブログ」というものです。もしそういった「広告で収入を得ることを目的としたサイト・ブログ」をお嫌いな方は、直ちにご退出下さい。

しかしながら、当ブログ「カレカノLOVE」で掲載される記事は、私の人生経験と知識・思索を元に導き出された「イイ男になるノウハウ」とも呼べる本気の内容です。長く読み続けていただけましたら、必ずやあなたの人生に何らかの影響を与え、「モテる男」へのステップアップのお役に立てると信じております。

今後掲載する記事の予定としましては、初めは初歩的・常識的・基礎的・基本的な内容から、徐々に詳細で実践的なものへ掘り下げていこうと考えております。

心理学的な要素も多少は語ると思いますが、催眠術や洗脳術をお教えする訳ではありませんので、「どんな女も落とせるようになる」とか、「誰でもハーレムが作れるようになる」などと大仰なことは一切申しません。

「今より少しでもモテるようになりたい」「好きな子に振り向いて欲しい」「女の子と仲良くなりたい」「出会いを増やしたい」「好感度を上げたい」といったささやかな願い・ご要望にお応えできるよう、有用な記事を更新していく所存です。

もちろん収益化が目標ですので、当ブログがお役に立てた場合には、記事内でご紹介する商品の購入や広告のクリックで、ご支援いただけましたら嬉しい限りです。

今の自分に自信のない方、人生を変えるキッカケをお探しの方は、ぜひしばらく当ブログにお付き合いください。きっとあなたの人生を変える「何か」が、見つかるはずです。

人生を変えるブログ「カレカノLOVE」
管理人より

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。